2014年3月16日日曜日

藤巻幸大さんの訃報に接して

今朝から各所で報道されているが、藤巻幸大さんが亡くなったという。まったく実感が湧かない。

初めてお会いしたのは10年ほど前だったろうか。大人系ライフスタイル誌での「美人秘書特集」で取材させていただいた。神宮前のオフィスに伺ったから、福助にいらしたときだったと思う。再建中の会社のトップなのにこんな軽い企画を受けてくださった上に、自ら社内のあちこちを案内してくださった。もちろん、しっかり商品と社員のPRもしていただいたけれど。

その次の取材時には、セブンアンドアイ生活デザイン研究所の代表になっていらした。「転職当たり前時代の会社員としての生き方」みたいなことを伺ったと思う。週刊SPA!のそれほど大きくもないコラムだったのに、快くお時間を割いてくださった。そういえばこの取材のとき、ちょっとくすんだピンクのデニムのジャケットを着こなしてらしたのが、すごくカッコよかった。

影響された僕は直後からピンクのデニムを買い漁るようになる。たいへん失礼ながら藤巻さんとは「背が高くない」「顔が小さくない」という共通項があると勝手に思い込んで、その着こなしをことあるごとに(勝手に)勉強させていただいていた。

その後も藤巻さんは全然落ち着かれる様子がなくて、フジマキ・ジャパン、テトラスターなど、お会いするたびに名刺の肩書が変わっていった。この3年ほど僕自身はごぶさたしてしまっていたが、弊社の島影が『藤巻百貨店』に関わっていて、昨年の晩秋、久しぶりにごあいさつさせていただいた。お変わりないようで何より。少なくともそう見えた。思えばいつもそうだった。確かSPA! の取材の前後にも大病をされたはずだったが、お会いするとまったくそんな素振りを見せなかった。

いつでも、どんな現場でもそこにいらっしゃるだけで、場に活気があふれてくる。藤巻さんはそういう方だ。実は藤巻さん一流の気遣いと、ポジションに見合わぬ腰の軽さのなせる業でもあるが、あれほどまでに、プラスの気で現場を掌握できる人を僕はほかに知らない。

あの驚異的なアクティビティを考えると、仕事の現場で藤巻さんの気遣いに直接触れた人は、数万人にはのぼるだろうし、間接的な話や講演、著書などで「藤巻イズム」に触れた人の数となればその何十倍にもなるはず。少しでもその空気に触れたものとしては、これからも世の中を楽しくするお手伝いをもっと一生懸命していこう。いまはそのくらいのことしか思い浮かびません。

第一報に触れてもう半日が経っているし、ここまで書いてもどうにも現実感がありません。藤巻さん、「どうぞ安らかに」はもう少し経ってからにさせてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿